心理学者エピングハウスの実験

私達の記憶力を紐解くうえで面白いデータがあります                          ご存知の心理学者エピングハウスが行った実験です

「忘却曲線」 とも呼ばれているもので記憶した事柄を                          どの程度の期間覚えていることができるのか、というものです

この実験のデータによると

勉強(記憶)してから、1時間半後には50%程度は忘れてしまい、

1日たつと20~30%程の記憶しか残らないという結果です興味深いことには、

以後1か月後までこのパーセンテージはほとんど変わらないという点です

個人差は殆どないという結果からも誰にもハンディはありません

そういうことであるならば、

この 「 忘却曲線 」を逆手にとってやれば、良いことになりますねつまりは、

記憶力がいい!!!、というのは記憶を維持する為の勉強法がポイント!             だということになります

あなたも、この実験のデータから                                      現在の勉強法を一度見直してみてはどうでしょう。。

カテゴリー: 効率のよい暗記法 | タグ: , | コメントをどうぞ